トップ

高級時計の買取とは

パネライの時計を買取りに出す

不動の人気高級腕時計パネライ

どんなコレクションも集まり過ぎると保管に困るものです。一つひとつが小さい腕時計も、本数が増えると置き場所に困ってしまいますよね。「コレクションした腕時計をいくつか買取に出したいな」と考えている方も、多くおられることでしょう。

そんな方に注目して欲しいのが、時計の買取の情報です。情報をこまめにチェックすることで、お手持ちの時計を高額で売却できる可能性がアップします。たとえば「昔購入したパネライのルミノールを売却して、次のコレクションの資金にしたい」という方は、ぜひ買取情報をチェックしてみてください。

「古い時計でも高く売れるのかな」なんて心配は無用です。パネライは現在も人気の高いメーカー。中古品が高額で取引されることは珍しくありません。その人気の秘密を探るために、パネライの歩んだ歴史を紐解いてみましょう。

オフィチーネ・パネライが誕生したのは1860年のこと。当時のパネライは、イタリア海軍御用達の軍用時計専門メーカーでした。誕生から100年以上が経った1993年、ようやくパネライは民間用腕時計を発売します。軍用としての歴史をもつこのメーカーの腕時計は、イタリア人男性を中心にコアな人気を呼びました。

イタリア系の俳優であるシルベスター・スタローンもまた、パネライに魅せられた男性の一人。スタローンは1996年の映画「デイライト」の劇中で、パネライの特注モデルを使用しています。この映画が話題となり、パネライは日本でも「デカ厚ブーム」を巻き起こしました。デカ厚とは、文字どおり「デカくて分厚い」という意味です。

このほか、近年では映画「トランスポーター」でジェイソン・ステイサムがパネライを着用。腕時計ファンの注目を集めました。以上のように話題性に富むパネライは、色褪せることなく現在も愛好家を惹きつけています。これこそが、パネライの人気の秘密。買取に出せば、満足のいく金額を得られることでしょう。